前撮りにはどんな種類があるの?

前撮りは、撮影する場所によって2種類に分けられます。

結婚式当日よりも前の別の日に、結婚写真の撮影を行う「前撮り」。結婚式当日、主役の新郎新婦は時間に追われて、なかなか落ち着いて写真撮影できないもの。そこで、最近は前撮りをするカップルも多いようです。衣装や撮影のシチュエーションをしっかり整えて、自分たち好みの結婚写真を撮影できるのが前撮りの魅力ですね。

一口に「前撮り」と言っても、撮影する場所によって2種類に分けられます。一つは、結婚式場や写真館などの屋内のスタジオで撮影を行う「スタジオ撮影」。もう一つは、庭園や寺社仏閣、ビーチなど、屋外で撮影を行う「ロケーション撮影」。それぞれメリットがあるので、それを考慮して選べば、一生の思い出となる素敵な結婚写真が撮影できるはずです。

「スタジオ撮影」「ロケーション撮影」、それぞれのメリットは?

スタジオ撮影には、まず、天候に左右されず、予定通りに撮影することができるというメリットがあります。また、比較的撮影時間が短く、費用が安いというメリットもあります。さらに、スタジオという閉鎖空間で、限られた数のスタッフのみと撮影を行うので、新郎新婦も集中して撮影に望むことができるというメリットもあります。

一方、ロケーション撮影には、いろいろな美しい景色をバックに撮影が行えるというメリットがあります。特に、四季折々の自然の中で撮影できるのが最大のメリットでしょう。衣装の種類や色に合わせて、ピッタリの撮影場所を選べるのはうれしいものです。また、カップルの思い出の場所など、意外性のある場所で、そのカップルならではの写真が撮影できるのも、ロケーション撮影のメリットです。